Sample Company

最新のお知らせ

観光地のカーボン・オフセットキャンペーン(小田原市・下田市)
Carbon offset campaign of tourist spot

こちらのアンケートフォームは、本キャンペーンを実施します観光地(神奈川県小田原市、静岡県下田市各所)に訪れた旅行者に対して、ご協力をお願いするものです。

japaneseenglish

キャンペーンの目的

昨年度も実施いたしました本キャンペーンは、旅行者の増加が地域活性化にもつながると考えられることから、訪日外国人を含めた旅行者に観光地を満喫するだけでなく、交通機関等の利用に伴い排出されるCO2の削減に貢献できるカーボン・オフセットを知って、体験してもらいます。

地域におけるJ-クレジットを活用したカーボン・オフセットを旅行者にアピールし、日本全体と地域のCO2削減に貢献できるカーボン・オフセットの普及を図ります。

さらに世界に向け「観光日本」と「環境日本」の魅力をSNS等での発信を促し、リピーターと新規訪問旅行客の獲得を図り、観光白書にも謳われている“二度三度と訪れたくなるような「世界が訪れたくなる日本」”とするため、環境意識の高い欧米を中心としたインバウンド客に焦点を当て、旅行を切り口にとしたCO2削減のモデル構築、事例を創出し、メリットと課題を確認します。

キャンペーンについて/About Campaigns

“カーボン・オフセットに参加してエコな旅行を楽しもう!”

ご旅行期間中に、交通機関やホテル等を利用することで、CO2が排出されます。日本人1日あたりのCO2排出量にあたる、約5kg-CO2のカーボン・オフセット証書をプレゼント!さらにアンケートに答えていただくと、ご旅行期間中のCO2排出量の算定とその分のカーボン・オフセット証書をお送りいたします。

“Let’s enjoy eco-tour by joining Carbon offsets campaign!”

While you’re traveling, you emit CO2 by using transportation, accommodation, etc.We will give Carbon Offset Certificate presenting 5kg-CO2 offset that is equivalent to the average CO2 emission by a Japanese per day. Additionally, if you answer the questionnaire, we will be sent to you that your CO2 emission during the travel will be calculated and carbon offset certificate for that amount.

キャンペーンのイメージ/Image

キャンペーンの概要/About campaign

1.日程および実施場所

2月8日
February 8
神奈川県小田原市 漁港の駅TOTOCO小田原
“Fishing port station TOTOCO Odawara” Odawara-city,Kanagawa Prefecture
2月9日
February 9
神奈川県小田原市 小田原宿なりわい交流館
“ODAWARA-JYUKU NARIWAI Rest House” Odawara-city,Kanagawa Prefecture
2月11日
February 11
神奈川県小田原市 小田原梅まつり(別所梅林)
“Ume Odawara Festival” Odawara-city,Kanagawa Prefecture
2月15日
February 15
神奈川県小田原市 小田原城址公園
“Odawara Castle Park” Odawara-city,Kanagawa Prefecture
2月22、23日
February 22,23
静岡県下田市 道の駅開国下田みなと
“Road Station opening of the country Minato Shimoda”Shimoda-city,
Shizuoka Prefecture

2.カーボン・オフセット証書およびパンフレット配布

5kg-CO2/1通 県内のJ-クレジットまたは国内クレジットを使用します。
小田原市および下田市のキャンペーン実施場所でカーボン・オフセット証書を配布します。

3.訪日外国人を含めた旅行者の交通機関利用のCO2排出量計算するアンケートの配布

カーボン・オフセット証書にQRコードを用意しました。スマートフォンからの回答が可能です。
※希望者にこの部分のカーボン・オフセット証書を後日発行します。

4.SNSを活用した観光地+カーボン・オフセットの発信を促進します。

ツイッター、インスタグラムで発信するためのハッシュタグを用意しカーボン・オフセット証書、パンフレットに記載し、アンケート依頼時に発信をおねがいします。
日本語: #エコ旅手形
英語: #ecotour pass

お問い合わせ

電 話:03-5577-2061 尾崎
Email: kanto_jcdm@kankyo-keizai.jp